リハビリテーション部の取り組み

体重免荷装置を使用した歩行練習

 脚の力が弱く体重を支えることが容易ではない方や、持久力が低下しており歩行練習を実施する時間を長く保てない患者様に対して、体重の一部を吊り上げながら歩行練習を行っております。当院では、患者様の状態に応じてトレッドミル(ウォーキングマシン)上で行う体重免荷式トレッドミル歩行トレーニングと、体重をつりながら平地歩行を行う体重免荷での平地歩行による歩行練習を行っております。

体重免荷式トレッドミル歩行トレーニング

体重免荷式トレッドミル歩行トレーニング 体重免荷式トレッドミル歩行トレーニング (Body Weight-Supported Treadmill Training; BWSTT)とは、吊り下げ式の免荷装置を使用して、患者様の体重の一部を吊り上げながらトレッドミル(ウォーキングマシン)上を歩く練習を実施することです。

体重免荷での平地歩行による歩行練習

体重免荷での平地歩行による歩行練習 体重免荷での平地歩行による歩行練習とは、 吊り下げ式の免荷装置を備えた歩行器を使用して歩行練習を行います。患者様の体重の一部を吊り上げながら、平地での歩行練習を実施することができます。

長下肢装具を用いた歩行練習

長下肢装具を用いた歩行練習 脳卒中後の歩行能力の改善には、歩行練習の量が重要であると考えられています。しかし運動麻痺やバランス能力や体力が低下してしまい、十分な歩行練習の量を確保できない場合も少なくありません。当院では、入院早期より長下肢装具を使用することで、十分な量の歩行練習を行い、歩行能力の改善を図っております。


 

pagetop