リハビリテーション部の取り組み

回復期リハビリテーション

 回復期における患者様へのリハビリテーションを積極的に行っております。突然の病気やケガなどで身体が動きづらくなってしまった方に対して、再び自宅へ戻れるように、起きる、食べる、歩く、トイレに行くなどの日常生活で必要な動作の練習を行います。リハビリテーション室で出来る動作を、病棟で出来るように、病棟で出来る動作を自宅で出来るように、その方にあったリハビリテーションを実施しております。
 病気やケガの程度によっては元の状態に戻ることができないこともあります。その際は、段差を解消する手段を検討した上で動作練習を行います。また、退院後に利用するリハビリテーションやデイサービス、訪問看護やホームヘルパーの利用などの新たな生活の構築のための支援も併せて行います。患者様ご家族も含めたチームでの取り組みが特徴です。

脊髄損傷、神経難病に対する集中リハビリテーション

脊髄損傷

 脊髄損傷の患者様へは、受傷する部位が頸髄(首の高さ)、胸髄(胸の高さ)、腰髄・仙髄(腰の高さ)と運動・感覚の麻痺の程度によって様々な症状・障がいに対応するリハビリテーションが実施されます。また、病棟看護師、医療ソーシャルワーカー、臨床心理士らと共同し、退院後の生活を想定して自立した生活と社会復帰を包括的にサポートいたします。
 リハビリテーションでは、脊髄損傷の患者様に必要と考えられる基本動作(寝返り、起き上がり、ベッドや車椅子乗り移り等)の練習や、患者様の麻痺の程度を評価したうえで、立ち上がり練習、歩行練習などを提供しております。必要に応じて、下肢をサポートする下肢装具や先進的なロボットリハや歩行支援機器を導入し、積極的に歩行獲得に取り組んでいます。合わせて、臨床データの蓄積や研究も行っています。
 その他、日常生活で必要な動作の獲得はもちろん、自動車運転の再開に向けた、運転補助装置の提案や自動車運転シミュレーターを行います。

神経難病

 パーキンソン病をはじめとした神経難病の患者様に対して、入院での集中的なリハビリテーションを行っております。近年では薬物療法に加えて、運動療法を併用することにより長期的に体の動きを良い状態に保つことができるとされています。
 理学療法、作業療法では患者様個別の症状に応じて、トレッドミル(ウォーキングマシン)などの運動機器、運動支援のためのロボットを用いた歩行練習、水治療法などの運動療法、患者様の状態に応じた自己トレーニングの指導、より良い生活を送るために必要な装具、福祉用具、自助具の紹介等を行います。自宅内で転倒が増えてきたなど、在宅生活でお困りの点がある場合には、必要に応じて家屋訪問を行い、住宅改修などの支援を行います。
 言語聴覚療法では声が小さくなった、はっきり話すことが難しくなった、食べ物を飲み込む力が衰えてきた等、発話や嚥下障害についての個別のアプローチを行います。嚥下障害がある方には、必要に応じて、レントゲンを使用して飲み込みの状態をみる“嚥下造影検査”を実施し、管理栄養士と連携して食事形態の指導なども行っています。

小児に対するリハビリテーション

 運動発達の遅れや身体の不自由、事故や疾病により障がいを負ったお子さんに、入院または外来にてリハビリテーションを提供しております。入院でのリハビリテーションでは、集中的にリハビリテーションを行うことが可能となります。ご家族様とご一緒に入院することも可能で、お子さん本人だけではなく、ご家族へのリハビリテーション指導も行っております。リハビリテーションの内容は、発達に合わせた運動や姿勢の調整方法の指導、変形・痛みなど二次障害の予防のほか、補装具や車椅子、座位保持装置等の作製を行います。発達に合わせた食事ができるように食べることや飲み込むこと(摂食・嚥下)についての評価や指導も行っております。また、就学前の準備のための入院や、ボトックス®注射、整形外科的手術などの治療を含めたリハビリテーションも行っております。ことばやコミュニケーションに不安を持つ方に対して、各種の検査を用いた評価をもとに、話し言葉に限らずコミュニケーション全般への関わりをサポートしております。必要であれば、臨床心理士による発達検査やカウンセリングも行っております。

臨床心理士による関わり

 臨床心理士が在籍しており、悩みや不安をカウンセリングをしていく中で、心の整理や問題解決ができるように支援しております。また、日常生活での支援方法を考えていくための手立てとして、小児では発達検査や知能検査、成人では高次脳機能評価に関する検査、また、患者様に応じて他の心理検査を実施することもあります。

pagetop