診療部長からのご挨拶

副院長兼診療部長兼地域医療連携部長 六崎裕高副院長兼診療部長兼地域医療連携部長
六崎裕高

茨城県立医療大学付属病院では、けがや病気をお持ちの患者様に対して、手術やリハビリテーションを中心とした質の高い医療を提供することを目標としております。その目標を達成するため診療部では、運動器リハグループ、脳神経リハグループ、内科リハグループ、小児リハグループを構成し、専門性を活かして協力しながら患者様それぞれの病態を見極めたきめ細やかなリハビリテーション医療を提供できるように努力しております。患者様の意思を尊重して、最善の治療を安全に提供いたします。

リハビリテーション医療では、医療・保健・福祉および生活に関わるすべての職種と協働して診療にあたることが重要です。診療部では、医師としてのリーダーシップを発揮しながら積極的にチーム医療を実践して、患者様が住み慣れた地域で安心して生活できるように努めております。

また、我々は、最新のリハビリテーションや新しい分野のリハビリテーションの研究・実践に積極的に挑戦しております。例えば、様々な疾患へのロボットスーツHALをはじめとした機器の使用、動作解析や画像解析をもとにした変形性関節症の病態解明、脳神経疾患における新規ニューロリハビリテーションの臨床応用、筋電義手の開発などです。最新のリハビリテーションをいち早く患者様にお届けできるように努力しております。

多くの患者様に当院を利用していただき、ご満足いただけるように努力してまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

スタッフ

リハビリテーション科 岸本浩
整形外科 六﨑裕高 竹内亮子 俣木優輝 中川将吾
内科 山口直人 齋藤和美
神経内科 河野豊 松下明
小児科 新健治 岩﨑信明 中山純子 中山智博 大黒春夏
放射線科
精神科 山川百合子
麻酔科(ペインクリニック) 田口典子

 

第1診療科第2診療科

第3診療科


pagetop