内科の診療について

原則として、リハビリテーションの必要な内科疾患が診療の対象になります。
具体的には、慢性閉塞性肺疾患、肺結核後遺症などの呼吸器疾患や、陳旧性心筋梗塞などが原因で心機能低下を来たす循環器疾患、また、糖尿病や高血圧などのさまざまな合併症をもつ脳血管障害などの疾患です。
リハビリテーション終了後の外来通院にも応じております。
診療やリハビリテーションでご不明の点がございましたら、お気軽にご相談ください。

対象疾患

呼吸器系の疾患

肺気腫、慢性気管支炎などの慢性閉塞性肺疾患、肺結核後遺症、気管支喘息などの疾患が対象となります。
また、発症・進展予防の観点から禁煙外来も行っております。当院に通院中の方が対象になりますが、どうしてもタバコがやめられないという方はご相談ください。

循環器系の疾患

陳旧性心筋梗塞、高血圧などの疾患が対象となります。

脳血管系の疾患

脳梗塞後遺症、脳出血後遺症、くも膜下出血後遺症などの疾患が対象となります。
糖尿病、高血圧、脂質異常症などの合併症の治療もさせていただきます。

受診の方法及び外来診察日

受診の方法に関しては『外来受診の方法』を参照してください。
診察日に関しては『外来診療日』を参照してください。

担当医師のご紹介

pagetop