理学療法とは

理学療法とは病気、ケガ、高齢、障害などによって身体機能・運動機能が低下した状態にある人々に対し、運動機能の維持・改善を目的に「運動療法」「物理療法」「装具療法」を行うことで、日常生活動作の改善や生活の質の向上を目指して行きます。特に歩行の獲得や日常生活動作のような基本となるような動作の獲得に向けたプログラムを行います。

理学療法の内容

当院では、お子さんから成人まで幅広い年齢層を対象としており、身体機能向上・動作能力向上をすることで、自宅退院や復職、就学などの各々の目標に適した支援を行えるよう努めています。一般的な運動療法や動作練習の他にも、装具療法やロボットリハビリテーション、物理療法などを実施しており、最新の知見を得るため、様々な分野で研究活動を実施しています。

運動療法

運動療法

リハビリテーションとして、運動療法(基本動作練習、歩行練習、関節可動域練習、筋力増強練習等)を行います



筋電図・3次元動作解析

筋電図・3次元動作解析

ノラクソン社のマイオモーションを用いて、筋電図、3次元動作解析による動作分析を行っております。


水治療法

水治療法温水プールがあり年間を通じて利用が可能です。プールでは静水圧、抵抗、水流、浮力等を利用し、水中運動療法を行います。小児から成人まで対応できる構造となっております。

理学療法科のスタッフ

PT常勤:29名 非常勤:2名 研修士4名 助手:2名 (2021年4月1日時点)

pagetop