言語聴覚療法とは

言語聴覚療法(ST:Speech‐Language-Hearing‐Therapy)部門では、脳の病気やけが(脳梗塞・脳出血・頭部外傷など)、神経難病、子供のことばの発達の遅れなど、様々な原因によって生じるコミュニケーション障害に対して、専門的な知識技術に基づいた評価とリハビリテーションを行います。また、食べること・飲み込むこと(摂食嚥下機能)に障害がある患者様に対しても、安全に楽しくお食事が召し上がれるようお手伝いを致します。患者様だけでなく、ご家族様へのアドバイスも積極的に行います。

失語症のリハビリテーション

失語症のリハビリテーション失語症とは、脳の“言語”を司る部分が障害されることで、「聞く」「話す」「読む」「書く」など“言葉を使う活動”がうまくできなくなる障害です。その方の症状に合わせた練習を行い、言語機能の回復・向上を促します。また、よりスムーズにコミュニケーションを図るための手段や工夫についてご提案・指導を行います。

構音障害のリハビリテーション

構音障害のリハビリテーション構音障害とは、唇や舌などの口腔の器官の動きが制限されることで、呂律が回らない・声が出にくくなるなど、言葉がうまく発音できなくなる障害です。低下した口やのど、呼吸などの機能を高める練習や相手に伝わりやすい発音の指導など、患者様が周囲とスムーズな意思疎通が図れるよう手助けを行います。

高次脳機能障害のリハビリテーション

高次脳機能障害のリハビリテーション高次脳機能障害とは、注意力や記憶力、感情のコントロールなど、脳の知的な機能を司る部分が障害されることで、日常生活や社会生活を送ることに困難が生じる障害です。認知機能トレーニング用ドリルやパズルなどを用いた基礎的な練習に加えて、その方の生活環境に合わせた応用練習や社会生活(復職・復学、自動車運転など)再開に向けての支援を行い、その方らしい生活を続けていけるよう手助けを行います。

嚥下障害のリハビリテーション

嚥下障害のリハビリテーション嚥下(えんげ)障害とは、病気やけが、加齢などによる口やのどの機能の衰えにより、食べ物を飲み込むことが難しくなる状態をいいます。当院では、患者様の状態に応じて、X線を使った「嚥下造影検査」や、内視鏡カメラでのどを内側から見る「嚥下内視鏡検査」といった専門性の高い嚥下機能検査を行います。また、摂食嚥下障害認定看護師や管理栄養士と連携して、食事形態・姿勢・食事環境などのアドバイス、家族指導(飲み込みやすい食事の作り方や食事の手伝い方など)を行います。

こどものことばのリハビリテーション

こどものことばのリハビリテーション言語発達・コミュニケーションなどでお困りのお子さまに対して、各種検査を用いた評価をもとに言語発達を促す練習やコミュニケーション支援、発音練習などを行います。また、お子さまを取り巻く環境(幼稚園や学校)へアドバイス等も行います。

pagetop