臨床研究のお知らせ

「新規義手の有用性の確認」

1.研究の対象

  • 上肢切断患者および健常者
  • 除外基準:
    重篤な合併症(心疾患、肝疾患、腎疾患等)を有する者
    ペースメーカー等,体内に機器がある者
    研究への理解が十分に出来ない者
    主治医が参加不可能と判断した者
    頭部MRI撮影ができない金属等を体内に有する者は,MRIでの評価は行わない

2.研究目的・方法

上肢切断患者にとって義手を用いることは,運動学的な改善,幻肢痛の改善,ADL上の改善,QOLの改善など有益である.しかしながら,現在普及している義手は,機構の点で十分満足できるものではない.近年,機構の問題点を改善する義手が様々に開発されている.本研究の目的は,これら新規義手の有用性を確認する事である.新規義手の有用性が示されれば,切断患者のADLやQOLをより改善できる可能性がある。

3.研究に用いる試料・情報の種類

生年月日,性別,病歴,上肢機能,ビデオ動画 等

問い合わせ先

本研究に関するご質問等がありましたら下記の連絡先までお問い合わせ下さい。 ご希望があれば、他の研究対象者の個人情報及び知的財産の保護に支障がない範囲内で、研究計画書及び関連資料を閲覧することが出来ますのでお申出下さい。

また、試料・情報が当該研究に用いられることについて患者さんもしくは患者さんの代理人の方にご了承いただけない場合には研究対象としませんので、下記の連絡先までお申出ください。その場合でも患者さんに不利益が生じることはありません。

 照会先および研究への利用を拒否する場合の連絡先:

〒300-0331  茨城県稲敷郡阿見町阿見4733

電話番号  029-888-9200

研究責任者:茨城県立医療大学付属病院 理学療法科 吉川憲一

pagetop