臨床研究のお知らせ

1.研究の対象

 2013年1月1日~2017年11月1日の期間に、ボトックス治療のために当院障害者病棟(2Aユニット)に入院した方。

2.研究目的・方法

 Motor Activity Log(MAL)は、脳卒中後片麻痺上肢の評価指標です。当院作業療法部門においても、日常診療において使用をしております。

 本研究では、この評価バッテリーの下位項目の関連性、特に難易度についての構造が存在するか明らかにする為に、探索的な試みとして電子診療録のデータから後方視的にMALの評価結果の分析を行います。

3.研究に用いるデータ・情報の種類

カルテデータより患者様の以下のデータを使用させていただきます。

① 基本情報 年齢、性、発症からの期間、脳卒中発作回数(初回・複数)、診断区分(脳出血・脳梗塞・くも膜下出血・その他)、ボトックス治療の実施時期
② 上肢機能評価 Fugl-Meyer Assessment,Motor Activity Log(MAL)

※①,②ともに、電子診療録の情報を使用致します。

4.お問い合わせ先

 本研究に関するご質問等がありましたら下記の連絡先までお問い合わせ下さい。

 ご希望があれば、他の研究対象者の個人情報及び知的財産の保護に支障がない範囲内で、研究計画書及び関連資料を閲覧することが出来ますのでお申出下さい。

 また、データ・情報が当該研究に用いられることについて患者さんもしくは患者さんの代理人の方にご了承いただけない場合には研究対象としませんので、下記の連絡先までお申出ください。その場合でも患者さんに不利益が生じることはありません。

照会先および研究への利用を拒否する場合の連絡先:
〒300-0331 茨城県稲敷郡阿見町阿見4733
029-888-9217

研究責任者:
茨城県立医療大学付属病院
リハビリテーション部作業療法科 渡邉 信也

pagetop