重症心身障害児の体組成計測における生体電位インピーダンス分析法の妥当性について

1.研究の対象

 2020年9月から2022年8月の期間に当院の小児科に入院し,生体電位インピーダンス分析法による体組成分析が行われた患者の方.

2.研究目的・方法

 小児科に入院された重度の身体障害(寝たきりに近い状態)及び知的障害(IQ20未満)を合併した患者様のデータを解析し,後方視的に検討することにより,より簡便で侵襲性の少ない方法での体組成評価により,合併症等のリスクを軽減できる可能性があります.今後の小児科診療に役立てることを目的としています.

3.研究に用いるデータ・情報の種類

 カルテデータより患者様の以下のデータを使用させていただきます.

 個人情報(年齢,性別,既往歴,家族歴,現病歴,使用薬剤,DXA検査結果,生体電位インピーダンス分析による体組成分析結果)

※本研究において、新たにご協力をいただくことはありません。

4.研究の参加について

 謝礼はない。

5.お問い合わせ先

 対象となった方の研究参加は自由意志に基づきます.研究への参加を拒否された場合でも患者様に不利益は生じません.また,拒否しても今後の診療に影響はありません.
 対象者となることを希望されない方は,2023228日までに下記連絡先にお申し出ください.ご質問等がございましたら,お気軽にお問合せください.

 

<問い合わせ先>           
茨城県立医療大学付属病院 診療部 小児科
研究責任者 中山 智博
住所 〒300-0331
茨城県稲敷郡阿見町阿見4733
Tel:029-888-9200(代)
E-mail:nakayamato@ipu.ac.jp

pagetop