病院の紹介

リハビリテーション科

リハビリテーション科について

リハビリテーション科では、文字通りリハビリテーションの必要な方の診療を行います。リハビリテーション科では体に不自由のある患者さんであれば原則として疾患(病名)や小児・成人の別を問いません。原因が何の病気であってもよろしいわけですが、これではあまりにも漠然としていますので以下に幾つかの例を挙げさせていただきます。来院された方をリハビリテーション専門医が診察させていただき、疾患のマネージメントを行う(病気そのものに対して薬を調合したりします)と共に理学療法士・作業療法士・言語聴覚療法士等のリハビリテーション専門職による評価や訓練を行わせていただきます。

また、義肢(義手、義足)・装具(体の不自由さを補うために常時身につけておく道具)や車椅子などについてのご相談も承ります。
さらに、在宅療養でお困りの方のご相談にも積極的に応じています。

具体的な病名を以下にいくつか挙げます。

対象疾患

脳の障害

脳血管障害(脳卒中・脳梗塞・脳塞栓・脳出血・クモ膜下出血等)や外傷(怪我・交通事故)、炎症(脳炎・髄膜炎)等による脳の損傷による障害です。

脊髄の障害

外傷(怪我・交通事故)や病気(脊髄腫瘍・前脊髄動脈症候群等)による脊髄の損傷による障害で、通常対麻痺(両足が麻痺する)か四肢麻痺(手足が全て麻痺する)の形をとります。

骨・関節の病気

慢性関節リウマチや変形性膝関節症・変形性股関節症等による関節の痛み、変形による障害や頚髄症(頚が悪い)ために生じる軽い手足の麻痺、大腿骨頚部骨折(足の付け根部分の骨折)や腰椎圧迫骨折(腰骨が潰れた)後に充分なリハビリテーションを行っていないので上手く歩けない等があります。

神経・筋の病気

非常に多くの病気があります。パ-キンソン病やパ-キンソン症候群、脊髄小脳変性症、多発性硬化症、ギラン・バレ-症候群、多発神経炎、筋萎縮性側索硬化症、重症筋無力症など、いわゆる神経難病と言われるものです。

切断

事故や病気(糖尿病、動脈硬化症、骨や筋肉・脂肪の悪性腫瘍等)により手足を切断された方の義手義足を着けての訓練や日常生活の指導などを行います。

小児の病気

先天性の病気(ダウン症等の染色体異常、脳の形成不全や手足の奇形、二分脊椎など)や脳性麻痺、あるいは幼児期に発病した脳卒中や脊髄の障害等にも対応しています。小児の場合は、同じような病気であっても成人の場合とは若干異なったリハビリテーションが必要となります。

呼吸器の病気

慢性の呼吸器の病気(塵肺症、慢性気管支炎、肺気腫、肺線維症、結核の後遺症、肺癌の術後など)のために息切れが強く、日常の動作に不自由を感じている方もリハビリテーションによってある程度の効果が期待できます。

心臓の病気

呼吸器の場合と同様に、心臓の病気(心筋梗塞、心筋症等)のために日常の生活に不自由を感じている方もリハビリテーションの対象となります。

その他

療養等のために長期間寝ていたために体力や筋肉の力が衰えてしまった場合や視力の障害、聴覚の障害、火傷の後遺症で関節の動きが悪い等本当に色々な病気に対してお手伝いできることがあると考えております。とにかく一度ご相談されることをお勧めします。

医療関係の方へ

リハビリテーション専門病院に於けるリハビリテーション科の役割といいますか、その特徴は一つには病理ではなく障害を軸に疾患をとらえているということであり、二つにはその結果として他の科よりもより全人的・包括的医療が行い得るということであると考えています。ある程度病勢が落ち着き、純粋にmedicalな治療よりもリハビリテーション的アプロ-チが重要になりつつある段階の患者さんは全て当科の対象となり得ると考えていますが、実際には他科の医師に主治医となってもらい必要に応じてコンサルテ-ションを行っていくという形態をとることもあります。

受診の方法及び外来診察日

受診の方法に関しては『外来受診の方法』を参照してください。
診察日に関しては『外来診療日』を参照してください。

担当医師のご紹介

病院の紹介

  • 理念と基本方針
  • 院長からのご挨拶
  • 総合相談室
  • 病院概要
  • フロア案内
  • 交通案内
  • 診療科目
  • リハビリテーション科
  • 整形外科
  • 内科
  • 神経内科
  • 小児科
  • 放射線科
  • 精神科
  • 麻酔科
  • 各部のご案内
  • 診療部
  • リハビリテーション部
  • 医療技術部
  • 看護部
  • 地域医療連携部