病院の紹介

臨床検査科

病院において医師は患者さんの病気を診断し治療を行いますが、この診断や治療を行う上で欠かせないのが臨床検査です。臨床検査は、人の健康状態や病気の原因などを客観的な指標としてとらえることができる検査です。

患者さんから血液や尿、体液そして組織などの検体を採取し、化学的あるいは形態学的に検査を行う検体検査と、患者さんに直接、検査装置を用いて身体の各臓器や神経、血管などの状態を検査する生理機能検査に大別されます。

検体検査

提出された検体を迅速かつ正確に検査し、検査結果を診療サイドに提供しています。院内では生化学・免疫学的検査、血液学的検査、一般検査、輸血検査、一部の細菌学的検査など大部分の検査を行い、その他の特殊な検査については外部委託にて対応しています。また、夜間・休日にも対応できるように専用の検査機器も設置しています。

当院では検査依頼から結果報告までがオンライン化されているため、院内の各パソコン端末にてリアルタイムに検査結果を確認することができます。

検体検査室1 検体検査室2

検体検査室

生理機能検査

当院はリハビリテーション専門病院であるため、脳・血管疾患や神経・筋疾患、小児では脳性麻痺や発達障害、ダウン症など様々な疾患の患者さんが入院または通院されています。それらの患者さんに対応できるように生理機能検査においても数多くの検査を実施しています。すべての検査において患者さんの協力を得ながら、安全で安心して検査を受けていただけるように心掛けています。そして、病気の診断や治療に役立つ正確な検査結果を提供しています。

当院では生理機能検査システムにより、心電図や脳波などは検査後すぐに診察室のパソコン端末にて検査結果を確認することができます。

診察室のパソコンの写真 生理機能検査室の写真1
脳波検査

てんかん、脳・血管疾患などの患者さんの病的把握や診断、治療効果判定のための検査です。

肺機能検査

COPDや喘息などの呼吸器疾患の診断や手術前検査としても行います。また、リハビリの検討や効果を判定します。

超音波検査

非侵襲的な検査で痛みもなく各臓器の形態や動態を判定します。心臓や腹部、頸部を主に対象としています。

筋電図・神経伝導速度検査

神経・筋疾患の患者さんの機能障害を判断し、診断や治療効果の判定に有用な検査です。

各種誘発電位検査

音や光、微弱な電気刺激、磁気等を患者さんに与え、頭皮上やその他の部位から電位変化を検出し、神経路から大脳にかけて異常がないかを判定します。

その他の検査

心電図検査、負荷心電図検査(マスター、トレッドミル)、ホルター心電図検査、24時間血圧検査、CV-RR、呼吸筋力検査、血圧脈波検査(ABI、baPWV)、各種誘発筋電図検査、平衡機能検査、呼吸代謝検査(運動負荷、安静)、各種聴力検査 等

生理機能検査室の写真2 生理機能検査室の写真2

生理機能検査室

連絡先

スタッフは3人、患者さんには笑顔、迅速かつ正確な検査結果を診療サイドに提供しようと日々頑張っています。

病院の紹介

  • 理念と基本方針
  • 院長からのご挨拶
  • 総合相談室
  • 病院概要
  • フロア案内
  • 交通案内
  • 診療科目
  • リハビリテーション科
  • 整形外科
  • 内科
  • 神経内科
  • 小児科
  • 放射線科
  • 精神科
  • 麻酔科
  • 各部のご案内
  • 診療部
  • リハビリテーション部
  • 医療技術部
  • 看護部
  • 地域医療連携部