臨床研究のお知らせ

歩行解析・筋発揮張力とCT-FEMを融合した新しい歩行シミュレーション技術の開発

1.研究の対象

 変形性関節症の症例の患者、健常若年者、健常高齢者

2.研究目的・方法

 本研究は、変形性関節症等で下肢関節疾患を呈した症例において、動作解析と画像解析(主にCT-FEM)等を融合させ多角的に歩行の評価を行うことで、新しい歩行シミュレーション技術の開発を目指すもの。

 目的:変形性関節症等で下肢関節疾患を呈した症例において、歩行・応用歩行などの動作を、運動学的・運動力学的な分析と、膝関節面の応力分布を解析するCT画像の有限要素解析法(CT-FEM)を融合させ、多角的に体幹・下肢関節の動的な可動性や力学的負荷の特徴を明らかにすることにある。

 調査結果をまとめて、学会・論文発表をする。
動作解析装置と床反力計を用いた歩行解析を行う。診療上の必要性があり臨床データとして本学付属属病院で行った検査データ、診療録データ等はすべて2次利用する。

3.研究に用いる試料・情報の種類

動作解析装置と床反力計を用いた歩行解析データ。本学付属属病院で行った検査データ、

診療録データ等のすべて。

4.お問い合わせ先

 本研究に関するご質問等がありましたら下記の連絡先までお問い合わせ下さい。
ご希望があれば、他の研究対象者の個人情報及び知的財産の保護に支障がない範囲内で、研究計画書及び関連資料を閲覧することが出来ますのでお申出下さい。

 また、試料・情報が当該研究に用いられることについて患者さんもしくは患者さんの代理人の方にご了承いただけない場合には研究対象としませんので、下記の連絡先までお申出ください。その場合でも患者さんに不利益が生じることはありません。

<照会先および研究への利用を拒否する場合の連絡先>

茨城県立医療大学 放射線技術科学科 教授 森 浩一 (研究責任者)
連絡先:029-888-4000  学内電話(6561)
研究責任者:
茨城県立医療大学 放射線技術科学科 教授 森 浩一 (研究責任者)
連絡先:029-888-4000  学内電話(6561)

pagetop