急性脳症者の画像所見と臨床所見の関連についての検討

1.研究の対象

 2017年12月28日から2022年3月31日の期間にHALを用いた運動を実施した患者様。

2.研究目的・方法

 様々な運動障害の方がHALを使用する際に基礎的なデータ収集・分析を行い,今後のHALの適応拡大,安全な運用などに関する科学的な提言を行うことを目的とします。

3.研究に用いるデータ・情報の種類

 研究のために収集したデータの他、カルテデータより患者様の以下のデータを使用させていただきます(研究参加の際の事前説明文書の内容と同じです)。

 年齢,性別,身長,体重,疾患,関節角度,歩行能力,知能評価,単純X線,MRI,CT,手術情報,術前・術後血液データ(白血球,ヘモグロビン,血小板など),理学療法・作業療法・言語聴覚療法にて記録された心身機能の評価情報など。

4.お問い合わせ先

 本研究に関するご質問等がありましたら下記の連絡先までお問い合わせ下さい。

研究責任者:茨城県立医療大学 医科学センター 教授
岩崎信明
〒300-0394茨城県稲敷郡阿見町阿見4669-2
TEL029-888-4000 (代表)
Email

pagetop