病院の紹介

医療技術部 薬剤科

薬剤室の写真

薬剤科では3名の薬剤師が勤務し、安全で安心してお薬を服用していただくために日々業務に取り組んでいます。調剤、製剤、医薬品情報の管理と発信、医薬品管理、薬剤管理指導業務など様々な業務を分担して「医薬品の適正使用」に貢献することを目指しています。みなさまのお薬について、最適な薬剤が選択され、正しく使用されているか、期待通りの治療効果が得られているか、あるいは副作用が出ていないかなどを確認・管理することが薬剤師の仕事です。お薬のことなら、いつでもどんなことでもお気軽にご相談ください。

業務内容について

当院の薬剤科では、下記のような業務を行っております。

  1. 病棟での業務
    入院後の治療が安全に行われるように、入院時にお持ちになった現在服用されているお薬(内服薬、外用薬)や市販薬、サプリメントについて確認を行っています。薬の効果、飲み方、副作用、アレルギーの有無、薬の保管方法、健康食品、サプリメント等の飲み合わせについて適正かどうかをチェックし、副作用の早期発見や防止に努めています。そして、医師・看護師など他の医療スタッフと常に連携を図りながら適切な情報提供や処方提案を行い、有効かつ安全な薬物療法の支援を行っています。
    また、主治医からの依頼に基づき、入院患者様を対象にお薬の説明を行っています。処方された薬の飲み方や効能効果、副作用などの説明を通じてそのお薬が正しく服用されているか、お薬による副作用がないかなどを確認しています。退院時には、飲み忘れた時の対処法やお薬手帳の活用法なども説明し、患者様への服薬支援をしています。
  2. 調剤業務
    主に入院患者様に発行される処方せんに基づいて、調剤を行っています。
    1回に服用する薬の数が多い患者様や、薬のシートから錠剤やカプセルを取り出すことが難しい患者様がいます。その方々の飲み忘れを防いだり服用を容易にするために、お薬を飲むタイミング毎に1つの袋にまとめる一包化を行っています。また、嚥下障害のある患者様や経管栄養チューブを使用している患者様には、状態に合わせて薬の剤形変更や簡易懸濁を提案するなどしています。薬の管理が難しい患者様の内服薬は薬剤師が与薬セットをし、病棟管理のもと誤薬防止に努めています。
    注射薬の払出しは、注射箋の内容をチェックしながら一日分の注射薬を個別にセットして払い出しています。この際、薬の投与量や投与経路、相互作用の有無などについても確認を行っています。
  3. 医薬品情報管理業務
    医薬品が適正に、また安全に使用されることを目的として、医薬品に関する情報を収集、整理し、医療スタッフや患者様に提供しています。
  4. チーム医療への参加
    医療チームの一員として、以下のような院内活動に関わっています。
    • 褥瘡対策・栄養サポート委員会(褥瘡ラウンドの参加)
    • 感染対策委員会(ICTラウンドへの参加)
    • 医療安全管理室会議

病院の紹介

  • 理念と基本方針
  • 院長からのご挨拶
  • 総合相談室
  • 病院概要
  • フロア案内
  • 交通案内
  • 診療科目
  • リハビリテーション科
  • 整形外科
  • 内科
  • 神経内科
  • 小児科
  • 放射線科
  • 精神科
  • 麻酔科
  • 各部のご案内
  • 診療部
  • リハビリテーション部
  • 医療技術部
  • 看護部
  • 地域医療連携部