医療安全管理研修会を開催

付属病院医療安全管理委員会(委員長:和田野病院長)が7月31日(金)に医療安全管理研修会を開催しました。

同研修会は医療法の規定により年2回程度の実施が必要とされており、今年度初めての研修会となりました。

今回のテーマは、さきの大震災を踏まえ、停電等によりエレベーターが停止し非常階段等により避難することを想定して、自力での避難が困難な患者を、安全かつ迅速に搬送することを学ぶもので、今年度に導入したエアーストレッチャーを使用した避難搬送訓練です。

研修会では、大瀬副院長兼診療部長が、東日本大震災での経験や研修会の必要性などについてあいさつした後、メーカー担当者からエアーストレッチャーの取り扱い方法や使用上の注意事項などについて説明を受けました。続いて、職員が3つの病棟に分かれて、実際にエアーストレッチャーを使用して患者搬送の訓練を行いました。訓練は、2人1組となって前後に分かれてストレッチャーの操作を担当し、患者役となった職員を乗せて非常階段を滑り下ろしました。非常階段は幅が1メートル程度で狭く急傾斜なことから、初めは操作が難しいようでしたが、だんだんと慣れるにしたがってスムーズに搬送できるようになったようです。

多くの職員は勤務時間が終了した後の開催でしたが、60名を超える職員が参加して熱心な訓練を行い、研修会終了後のアンケートには、「実際に搬送する訓練ができて良い経験になった。」「年に1回くらい定期的に訓練を実施したほうが良い。」などとの意見がありました。次回の研修会は来年の2月頃に実施する予定です。

担当者から取り扱い方法の説明

担当者から取り扱い方法の説明

非常階段での搬送訓練

非常階段での搬送訓練

病院の紹介 

  • 交通案内
  • 統計情報
  • 個人情報保護
  • 診療科目
  • リハビリテーション科
  • 整形外科
  • 内科
  • 神経内科
  • 小児科
  • 放射線科
  • 精神科
  • 麻酔科
  • 各部のご案内
  • 診療部
  • リハビリテーション部
  • 医療技術部
  • 看護部
  • 地域医療連携部